時短に効率化!おすすめPhotoshopプラグイン「Eye Candy 7」

画像編集ソフト「Photoshop」。多機能、高機能ですが、機能の種類ややり方がたくさんあって、なかなか覚えるのが大変です。。。
そんな時におすすめなのがプラグインです。プラグインが入っていれば、Photoshop程の面倒な作業や知識も必要なく使い勝手が良いので、作業の効率化にも繋がります。


Photoshopプラグインでおすすめソフトの1つ「Eye Candy 7」を使ってDegica Shopロゴの画像編集をしてみたので、ブログでご紹介したいと思います!
※「Eye Candy 7」については、こちらの製品ページをご確認ください。


では、早速。元デザインはこちらです。↓

degicashop logo

「Degica Shop」のロゴに黒の背景を入れました。

まず、Photoshopの「レイヤー」から編集したいレイヤーを選択>ツールバーの「フィルター」から「Eye Candy 7」を開きます。

photoshop layer photshop filter

「Eye Candy 7」の編集画面が開くので、左上の「効果」から使いたい機能を選んで編集スタートです。


eyecandy7 fire effect

まずは、分かりやすい「炎」を使用して編集してみました。
最初は、↓のような感じ。炎が燃えすぎてますね。(笑)右側の「基本」のバーで炎の大きさや揺れを好みのデザインに調整していきます。

eyecandy7 fire effect before edit
eyecandy7 fire effect tool

このバーで火の大きさや幅だけでなく、揺れや強度なども微調整できます。
編集が終了したら、「OK」をクリックすると、Photshopに「Eye Candy 7」で編集したデザインが反映されます。


eyecandy7 fire effect editted

「Eye Candy 7」を使用して編集したレイヤーは、使用した図形・テクスチャ名が自動でレイヤー名に反映されるので、どのエフェクトを使ったのかも一目で分かります。
炎の感じも上手くできたと自画自賛したいですが、、まだちょっと寂しいので、追加編集していきます。

次は、「影」を入れていきます。「図形」から「影」を選択>影の向きや大きさは、点線の「〇」で調整できます。
色や不透明度は、右側の「基本」で好みに微調整していきます。

eyecandy7 shadow effect
eyecandy7 shadow effect editted

画像編集はほぼ未経験の割にはよくできた方でしょうか??
複雑な操作もなく、簡単で直感的に操作できるので、色々なエフェクトを試してみたり、作業もどんどん進んでいきます!

背景も、Photoshopで「背景」を選択すれば、自由に編集して適用できます。





ロゴやWebデザインの作成に便利なプラグイン「Eye Candy 7」、おすすめです!
「Eye Candy 7」の画像集もぜひチェックしてみてください。

degica-icon
  • klaviyo-signup-form-main-image